美肌の決め手はクレンジングにアリ?

「うるツヤ美肌になれるスキンケア化粧品の選び方と使い方」のページでは詳しく触れませんでしたが、実は、美肌になれるかどうかを大きく左右するのはクレンジングだったりします。

 

もちろん、化粧水や美容液などでお肌にうるおいを与えることはとても重要なのですが、どんなにたくさん水分や美容成分を補給しても、お肌にキープできていなければ意味がありません。

保湿が大事といわれますが、保湿は「保」という字が使われているように、うるおいを保つことができて初めて保湿ができていると言えるわけです。

 

保湿するために重要なこととは?

では、うるおいをキープできる・できないを決めるものは何なのでしょうか?

まずは化粧水や乳液、美容液などのスキンケア化粧品が保湿力の高いものであることが重要です。

 

どのスキンケア化粧品も、見た目や質感にはあまり差がなく見えますが、それぞれ成分は異なります。

保湿力の高い成分には、まずセラミド、他にはヒアルロン酸、コラーゲンなどがあります。これらの成分が含まれているスキンケア化粧品を積極的に選ぶことがおすすめです。

 

そして、保湿力の高いスキンケア化粧品を選ぶ以上に、保湿に影響するもの、それがクレンジングです。

 

クレンジングはメイクを落とすためのものですが、実はそのクレンジングによってお肌を保湿できない状態にしてしまっていることが多いのです。

 

どういうことかと言うと、成分的に刺激の強いクレンジングを使用していたり、面倒だからと一気にゴシゴシお肌をこすってしまったり、そんなことを続けていると、お肌自体がダメージを受けてボロボロになり、うるおいを補給したところでキープできずに垂れ流しになってしまうのです。

 

お肌のもっとも外側は表皮と呼ばれますが、表皮はさらに層にわかれており、その一番上、つまり私たちが手で触れることのできる部分は角質層と呼ばれています。

 

この角質層にはバリア機能と保湿機能があり、バリア機能はお肌を外からの刺激から守り、保湿機能はお肌のうるおいを保つ役割をしています。

 

しかし、この角質層はとても薄く、ラップ1枚ほどの厚さしかないので、こすったり刺激を与えると、すぐにダメージを受けて、本来の機能が働かなくなってしまうのです。

 

だからこそ、クレンジングはお肌に負担が少ないものを選び、丁寧にやさしく行わなければいけません。

 

どんなクレンジングを選べばいいの?

ここで気になるのは、丁寧にやさしくクレンジングをするのは自分のやり方次第でなんとかできるけど、一体どのクレンジングならお肌に負担が少ないの?ということだと思います。

 

お肌のタイプやメイクの濃さなどによって適切なクレンジングは変わりますが、もし今どのクレンジングを使ったらいいのか迷っているという方であれば、たとえばマナラのホットクレンジングゲルなどはおすすめです。

 

お肌に刺激の強い成分が含まれておらず、またゲル状のクレンジングでお肌に乗せた時も厚みが出るので、お肌と手の間で摩擦が起きにくく、物理的なダメージも与えにくいです。

 

洗い上りもしっとりでつっぱりを感じないので、乾燥肌の方でも使いやすいクレンジングだと思います。

 

お値段は約2ヶ月分で4,104円なので、とってもリーズナブルとは言えませんが、お肌のうるおいをアップしたい方であれば、試してみる価値はあるかと思います。

 

以下のサイトで最安値で買う方法を詳しく紹介していたので、気になる方は確認してみてください。

 

https://cleansing-1.com/lowestprice.html

 

今回、マナラのクレンジングをおすすめ商品のひとつとしてあげましたが、ほかの商品を使う際にも、「優しく丁寧に」は基本です。

聞いたことはあったけど、実際できていなかった!そんな方も、今日からうるおい美肌のために正しいクレンジングをマスターしてくださいね。